情報

ウェディングデコレーター

ウェディングデコレーター


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

すべての女の子にとって、結婚式は単なるお祝いではなく、一生思い出に残る休日でもあります。誰かがバックグラウンドで目に見えない形で存在し、式の正しいコースに続いて、写真家は正しい角度の選択について忙しく、シェフは料理を準備しています...

美しく調和のとれた結婚式は多くの専門家の努力の結果であることが判明しました。この意見は、暴かれるべき多くの神話に基づいて形成されました。

デコレータはすべてを美しく、迅速かつ安価に実行できます。マーケティングには古典的なルールがあります。それによれば、3点のうち2点しか同時に実現できません。迅速かつ安価に仕事をすると、見苦しくなり、うまく安くすれば、多くの時間がかかり、迅速かつ美しく、大規模な投資が必要になります。これは、デコレータの作業に完全に適用されます。すぐに、ここですべてが機能しなくなります。事前にデコレーターに連絡する必要があることを理解する必要があります。お祝いのわずか2週間前に彼らと相談すると、サービスの費用が2倍になります。あなたは緊急性のために支払う用意がありますか?装飾チームは、他の計画されたプロジェクトから離れ、完全に新しいプロジェクトに切り替える必要があります。休日を美しくして安価に支払いたい場合は、事前にデコレータを予約する必要があります。これは6か月で行うのが最善です。 1週間ですべてを整理し、すべてのアイデアと図面を実装し、最小限の資金でさえも簡単に引き受ける人は、信用すべきではありません。

結婚式のデコレータと契約を結ぶ必要はありません。契約のキャンセルは結婚式の責任がないことを意味します。実際、そのようなサービスを提供するきちんとした請負業者は、契約なしでは機能しません。そして、不必要な事務処理を恐れないでください。逆に、これらは高品質の作業の保証であるため、彼女は幸せでなければなりません。契約には、両当事者のデータとイベントの日付だけが含まれています。予算、従業員数、労働条件は交渉されます。パフォーマーは、将来のデコレーターのポートフォリオで結婚式の写真を使用できるかどうか、取り付けと解体に彼に割り当てられた時間を知る必要があります。条件が満たされない場合、罰金が定められ、これは両方の当事者に適用されます。したがって、契約に署名するときは、このことを忘れないでください。そのポイントは、驚かないように注意深く検討する必要があります。前払いで契約を結ぶことは、デコレータが実際に指定された日付までに作業を完了することを保証するものです。

デコレータは、デコレーションの配置にのみ関係しています。デコレーターの仕事は、インテリアデザイナーの仕事と本質的にほとんど変わりません。スペシャリストはカップルに会って知り合い、その歴史を学ぶ必要があります。新郎新婦は、自分の習慣や趣味、ライフスタイル、デートの歴史について話す必要があります。それから結婚式のコンセプトが生まれます。テーマ、スタイル、色、装飾ボリュームを選択する必要があります。スケッチの作成が可能です。次に、長くて完全な準備プロセスが続きます。それには、部品の選択と購入、装飾の製造、一部は手作業、一部の注文は、繊維装飾要素、花、およびそれらの装飾の準備の取得が含まれます。インスタレーション自体と個々の装飾要素の配置は、総作業量のわずか20分の1です。しかし、これもそれほど簡単なことではありません。スタイルと味覚なしにはやっていけません。そのため、デコレータが結婚式に装飾をもたらし、それらを配置するだけの単純な小道具であると想定しないでください。休日の独特の雰囲気が左右されるのはこれらの人々です。

すべてのデコレータには既製のデザインのカタログがあります。このような誤解は、結婚式の準備をしている人々の頭に深く根付いています。見解はつまらない質問に変わります。「結婚式の手配にはいくらかかりますか?」カップルは特定の答え、数を待っています。それに応じて、ゲスト1人あたりの平均小切手の金額、最低予算、場合によっては個々のアイテムの最低金額が聞こえます。これは、デコレータが個別に動作することを好む場合に発生します。既成の概念、ナプキンや花瓶のカタログはなく、結婚式を飾るときに選択できるものは何もありません。しかし、デコレータは、結婚式からのささいな、個々の休日を作ろうとします。どこでどのように出会い、愛するものであっても、この特定のカップルの物語を語ります。デコレータは、カタログにはない個々の提案を作成することを好みます。そして、チームはこの方向で作業を開始します。カタログの存在は、パフォーマーが単にテンプレートを優先して創造的に作業する準備ができていないことを示している可能性があります。

デコレーターは結婚式そのものに直接働きます。デコレータと通信するときに、事前にすべての情報を提供するよう求められ、数か月前にイベントのスタイルを話し合っていると、多くの人は驚いています。なんらかの理由で、変更が最後に承認または行われないのは奇妙に思われます。事実、お祝いの日の仕事は氷山の目に見える部分です。本編は事前に行います。そして、デコレータが結婚式の準備を始めるのが早ければ早いほど、顧客が再び緊張することなく、より落ち着いて仕事をすることができます。事前にゲストのリストと人数を作成する必要があります。私たちは招待状を作成し、印刷して、大量の物資で送り出す必要があります。何よりも、これが結婚式の2か月前のクラシックよりもずっと早い場合。結婚式当日、残っているのは、力を集めて、詳細に書かれた脚本に従って考案されたすべてを実行することだけです。

デコレーターは前払いを必要としません。この神話のために、多くのデコレータは、契約に署名したときに前払い金額が突然聞こえると、突然不快な立場に置かれます。現時点での顧客は、当惑を心から表明しています。デコレーターの前払い額は、スチュワード、写真家、ビデオグラファーとはまったく異なります。また、すべての資料を事前に購入する必要があるため、これは非常に論理的です。はい、下請業者はお祝いの前に行われた作業の費用を支払う必要があります。そして、チームはイベントの準備のためにお金を受け取りたいと思っています。前払いは固定額にすることも、事前見積もりの​​パーセンテージで決定することもできます。この文書は通常、契約書に添付されています。

デコレータは、結婚式場を事前に知っておく必要はありません。結婚式のためにプロのデコレータを準備する過程で、重要なステップは、お祝いのために会場を検査することです。通常、デコレータは写真家やビデオグラファーと一緒にこれを試みます。このような会議は、結婚式の詳細をすべて話し合うために必要です。選択したサイトの多くの可能性を評価する必要があります:照明、美的および技術的なニュアンス、容量、専門家の作業の利便性。家具と部屋全体の測定、テーブル配置とゲスト用の座席配置、区画のゾーニングを準備しています。お祝いの時までに、悪天候の場合を含むすべての緊急事態に備えた計画が準備されているはずです。

デコレータは定期的なメンテナンス担当者です。時々、すべてのデコレータは彼の作品でそのような神話の顕現に直面しています。これらの専門家は、カップル自身、レストランのスタッフ、およびその他の専門家を解雇することができます。それがどんなに不愉快であっても、それは起こります。一部のクライアントは、彼らが結婚式を手配するためにお金を払えば、彼らに対する態度は崇拝に似ているべきだと信じています。お祝いを明るく珍しいものにしたいと思っている専門家を尊敬してみませんか?結婚式で働く人を人と接するなら、見返りに質の高いサービスだけでなく、気さくで親しみやすい社会の中で快適な準備ができるのです。

デコレーターは飲食する必要はありません。通常、編集はゲストが到着する6時間前、またはそれより前に開始されます。仕事に徹する人もいます。インストールプロセスは非常に複雑で時間がかかり、大騒ぎを伴います。多くの装飾者が少なくとも式典の終わりまで、そしてほとんどの場合お祝いの終わりまでサイトに残ります。彼らはあなたがアイテムを転送し、キャンドルを灯し、避けられないヒッチを解決するのを助けます。チームは少なくとも8時間は祝賀会に出席する必要があります。これらの生きている人々が食べたいと思うことは理にかなっています。休暇のホストの側で、スナックと水を提供することは、珍しいお祝いをする人々にとって初心な礼儀でしょう。

花嫁のブーケは、結婚式の直前に注文できます。カップルにとって、デコレーター-花屋の仕事の主な原則は驚きになります。通常は数週間前に、事前に花を注文する方が良いことがわかりました。必要な配色、構成、ボリュームについて話し合う必要があります。確かに、急いで、花嫁の気まぐれな願いのすべてのニュアンスを考慮することは不可能かもしれません。どんな場合でも、花屋は時間通りに注文し、配色を尊重しようとします。ブーケに厳しい要件がある場合は、事前に準備をしておくと良いでしょう。

デコレータは、結婚式の直前に装飾を変更できます。多くの花嫁が結婚式の直前にパニックになり始めるのは秘密ではありません。彼らが選んだものは「同じ」ではないように思われ、装飾の質について疑問が浮かびます。これは、テーブルの数や結婚式全体のスタイルを変更したり、ビューに新しい要素を追加してより多くのゲストを収容したりする要求を伴う呼び出しで明らかになります。この場合、デコレータは最後の瞬間でも途中で会います。しかし、ささいなことになると、これは本当です。追加のbonbonnieresを注文したり、より多くのナプキンを見つけることはそれほど難しくありません。しかし、最後の瞬間に休日とその主要な要素のまさに概念を変えることは、すでに非現実的です。新しいアイデアが突然思い浮かぶ場合は、これを覚えておく価値があります。

結婚式の装飾は、ボール、テーブルクロス、椅子のカバーに限定されています。明るい個々のカップルにも対応する結婚式があるはずです。したがって、既製のソリューションを使用したターンキーイベントは、単純ですが物議を醸すオプションです。そのような提案は、ソビエト連邦でははるかに過去のものです。今日、結婚式の装飾の概念は大幅に拡大しました。招待状のデザインや印刷からゲストへの賛辞まで、数多くの要素が含まれています。すべての要素を注意深く考えると、休日が明るく思い出深いものになることがわかります。それぞれの結婚式は個別のものであり、装飾リストから多数の「クラシック」要素を使用する必要はまったくありません。デコレーターのアドバイスを受けてみませんか?この専門家はあなたの願いを考慮に入れて、お祝いのために最も必要なものを選択する最良の方法であなたを助けます。

装飾要素の最大数を使用するのが最善です。結婚式の装飾の量は簡単な問題ではありません。より多くの「美しさ」を求めている人もいますが、だからと言ってそれがより美しく、より美しくなるわけではありません。結婚式が本当に豊かに見えるためには、可能なすべての装飾的な要素を含む必要はなく、すべてを花で飾る必要はありません。お祝いは、各要素が事前に作成されたコンセプトに記されているか、一般的に新郎新婦のために特別に選択された個別のものである場合、スタイリッシュになります。使用する材料の品質については、要素の数を交換することをお勧めします。ジュエリーは目をくらまして目を切ってはいけません。結婚式は、装飾の量ではなく、新郎新婦のラブストーリーによって注目を集めるべきです。


ビデオを見る: エキシビションダイジェスト2016. サンジョルディフラワーズ ザデコレーター (六月 2022).


コメント:

  1. Matin

    権威ある答え、認知的に...

  2. Jerrah

    このすべての美しさで!

  3. Ciodaru

    それは驚くべきことです、それは面白いフレーズです

  4. Kyler

    ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、私もご意見をお聞かせください。

  5. Efran

    私の意見ではそれは明らかです。 google.comを検索しようとしませんでしたか?

  6. Syman

    あなたは正しくないと思います。私は確信しています。 PMで私に書いてください。



メッセージを書く