情報

シートベルト

シートベルト



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

道路での運転にはいくつかの危険が伴います。誰かがベルトに縛られていると感じているのに対し、誰かは単に不快に感じている。

シートベルトが動きを拘束し、事故や火災の際に車から降りることを防ぐと信じている運転手もいます。ただし、これらのステートメントは、私たちが明らかにする神話の一部にすぎません。

シートベルトは不快です。実際、車内でシートベルトを着用する習慣は、子供のころから育つ必要があります。この場合、締め付けられていない人は、ベルトがないために心理的な不快感さえ感じるでしょう。

車にエアバッグが装備されている場合、ベルトは必要ありません。これは、技術的に読み書きができない人の間ではかなり一般的な意見です。ほとんどの道路交通事故では、エアバッグとベルトの両方を同時に展開する必要があります。エアバッグが展開されるとき、エアバッグが展開されるときに人が近づく衝撃から人を保つのはベルトです。

シートベルトは燃えている車から降りることを難しくします。これは非常にまれに起こりますが、肯定的な統計は明らかです。100のうち99のケースでは、枕と一緒にシートベルトが命を救い、健康を可能な限り維持します。事故の最大の危険は衝撃です。乗客がシートベルトを着用していない場合、意識を失ったり、怪我をする危険があります。車から降りることについて話す必要はありません。

事故が発生した場合は、締めるのではなく、車から投げ出す方がよいでしょう。統計によれば、車から飛び出した人は彼の健康は言うまでもなく、彼の命を救うチャンスは4分の1しかないため、この意見は深く誤解されています。強い打撃の結果、被害者は50メートル飛行することができます。シートベルトは乗客の頭をフロントガラスに当てないように保護します。これは脊椎の損傷も伴います。

シートベルトは事故で人を傷つける可能性があります。ベルトは確かに怪我をする可能性がありますが、1つのタイプのみです。突然のブレーキングの間、身体は慣性によって前進し続けるので、私たちは頸椎の損傷について話しています。ただし、交通事故で発生する可能性のあるけがと比較すると、シートベルトを使用した場合の影響はごくわずかです。

低速走行時はベルトを着用しない場合があります。時速30 kmまでの速度で質量が衝突し、重量が1トンに達する場合でも、シートベルトなしでは対処できません。実際、それらがなければ、そのような「子供っぽい」スピードであっても、人は重傷を負う可能性があります。衝突が正面ではなく斜めに発生する場合、リスクは特に大きくなります。結局のところ、衝撃エネルギーは人を前方ではなく、座席間のスペースまたはフロントダッシュボードに投げ込みます。統計によると、すべての事故の80%以上が65 km / hまでの速度で発生しています。

短い距離を走行する場合、ベルトは必要ありません。すべての同じ統計によると、75%のケースで、道路上の運転者の死亡は自宅から40 km以内で発生しています。次の通りまで車を運転しても、事故の危険があります。たった10メートル運転しただけで事故に遭うケースもありました。

後部座席に座って、シートベルトなしで行うことができます。場合によっては、正面からの衝撃により、後ろに座っている人は前にいる人よりもけがのリスクがはるかに高くなります。現代の車は後部座席にベルトを装備しています-これは理由があって行われます。後部座席の人が衝突した場合、前部にひもで縛られた乗客でさえ重大な傷害の危険があります。

ベルトは車の窓から飛び出すのを防ぎます。事故の際は、窓から飛び出さないでください。統計によると、これにより死亡の可能性が10倍に増加するため、ストラップを付けたままにすることをお勧めします。

シートベルトは動きを制限します。ベルトのデザインは常に改善されており、運転中に必要な場所に人が届くように設計されています。

ストラップ付きの大人は子供を腕に抱くことができます。時速30 kmの衝突でも、体重7キログラムの赤ちゃんが大人の手から滑り落ち、子供には135キログラムの力が働きます。

シートベルトは命を救うものではありません。自動車事故に関連する死亡の半分では、シートベルトを着用することで命が救われました。

車の中で最も安全な場所はドライバーの後ろです。誰かが運転手の後ろに座っていれば、座屈する必要はないと考えています。最近、バッファロー大学の専門家が研究を行いました。彼らは3年間の事故の統計を分析した。真ん中の後部座席が最高であることがわかりました、それは車の他のどの座席よりも16%安全です。同時に、この場所の乗客は固定する必要があることを理解する必要があります。そうしないと、正面衝突時にフロントガラスから飛び出す可能性が最大になります。したがって、最も安全な場所は、人が座屈した場所です。


ビデオを見る: ベビーバスのにんき お出かけ安全. パパママとドライブ. シートベルトはしっかりね 子ども向け安全教育. 赤ちゃんが喜ぶ歌 子供の歌 童謡 アニメ. 動画 ベビーバス. BabyBus (八月 2022).