情報

脂肪吸引

脂肪吸引



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

脂肪吸引術は、前世紀の終わりに積極的に使用され始めました。では、数キロが追加され、ドレスがタイトになった場合はどうなりますか?結局のところ、すべては脂肪吸引術で修正することができます。

ただし、この操作を通常の歯磨きまたは美容処置として扱わないでください。はい、そして合併症を伴う可能性のある長いリハビリ期間の余分なポンドを迅速に処分することをどういうわけか忘れていました。

脂肪吸引術の準備ができている人の多くは、医師が正確に何をするかわかりません。脂肪除去手術は今日非常に人気がありますが、それを取り巻く多くの神話がまだあります。

脂肪吸引は、肥満を取り除くのに役立ちます。あなたが正直な外科医に出くわした場合、彼は脂肪吸引が局所的な身体の欠陥を修正することができると説明します。手術は、食事や運動が役に立たなくなった場合に使用されます。確かに、その助けを借りて、特定の予備脂肪が削除されます。これらの特別な細胞は、栄養不足に容易に耐え、グルコースの存在下で急速に増殖します。この手術は、体重が通常に近いか、それをわずかに超える人に効果的です。しかし、一般的な肥満の患者にとっては、脂肪吸引は選択肢にはなりません。ヒップ、特にその内部、臀部、下腹部、および「臀部」ゾーンは、一般的な体重減少に特に積極的に抵抗しています。脂肪吸引術はそれらを修正するのに役立ち、問題のある領域に理想的な形状を与えます。しかしながら、これが肥満の一般的な問題を解決することを期待するべきではありません。したがって、減量が行われた場合には、すでにそのような手術の準備をする必要があり、残っているのは最も頑固な脂肪の沈着物を取り除くことです。

脂肪吸引は、セルライトを取り除くのに役立ちます。この場合、2つの相互に排他的なステートメントについて同時に話し合う必要があります。脂肪吸引によりセルライトを除去できると言う人もいれば、逆にセルライトを取り除くことができると言う人もいます-手術は「オレンジの皮」の外観につながります。実践は、脂肪吸引がこの問題とはまったく関係がないことを示しています。結局、脂肪吸引は皮下組織の厚さにある脂肪を取り除きます。また、セルライトは、皮膚の真下にある脂肪ローブのために現れます。それが脂肪吸引がセルライトで皮膚の状態を決して改善できない理由です、しかしそれは状況を悪化させることもできません。

超音波脂肪吸引は他の方法よりも外傷が少ないです。脂肪吸引にはかなりの種類がありますが、それらはすべて同じ目標を追求します-医者を助けるためであり、患者の苦しみを軽減するためではありません。確かに、皮下脂肪を取り除くために、外科医は特定の努力に頼ります。脂肪は、人のどこからでも注ぐことができる、不必要な無関係の液体ではありません。これは、各細胞がその隣人によってしっかりと保持されている体の部分です。そのため、皮膚に穴が開いても、不必要な組織が皮膚からこぼれるわけではありません。医師が手術前に細胞間組織を破壊しようとするのはそのためです。通常、このために、ゾーンは特別な化合物、クライン溶液で処理されます。 30分で脂肪を液化するのを助け、それを取り除きやすくします。しかし、外科医は、そのような方法は依然として骨の折れるものであり、したがって、ますます多くの新しいタイプの脂肪吸引術が出現すると信じています。

超音波脂肪吸引術は、手術部位を溶液で分割し、その後超音波に曝します。この方法はおそらく他の方法よりも外傷的であることに注意してください。結局、第一世代のデバイスは大きな熱流を与え、それが内部の火傷の出現につながりました。これは術後治癒を遅らせるだけでした。しかし今、医師はこの影響を避けることを学びました。

脂肪吸引術はありません。すでに名前が付けられている超音波技術に加えて、さらにいくつかの基本的なものがあります。したがって、シリンジ脂肪吸引は手動で行われます。脂肪は真空ポンプではなくシリンジで排出されます。振動は「脂肪性」装置を使用して行われ、カニューレを組織に移動しやすくします。鼓状脂肪吸引は、局所麻酔下で手術を行うことを可能にします。このために、麻酔薬を含む特別なソリューションが手術領域に注入されます。 Lipoelectromodelingは、特定の周波数の特別な電流を生成する特別な装置を使用します。また、脂肪細胞を破壊します。

脂肪吸引は安全な手順です。そのような手術で誰も亡くならなかったと思い込まないでください。脂肪吸引は表面上は単純に見えますが、最も悲惨な結果につながる可能性がある多くのニュアンスがあります。結局のところ、常に不快な合併症のリスクがあります。患者は手術台で死亡し、脂肪吸引も例外ではありません。当然のことながら、このようなケースは、虫垂炎よりもはるかに少ない頻度で脂肪組織をポンプで排出するときに発生します。しかし、統計によると容赦なく、5000回の操作ごとに1人の死者が出ています。統計は怖くないようですが、絶対的にはすべてがそれほどバラ色ではありません。毎年、繁栄しているアメリカだけで75人が、余分な脂肪を取り除くための外科的試みで亡くなっています。ロシアでは、しかし、そのような統計は保持されていません。

脂肪吸引は健康に無害です。私たちは、整形外科が必ずしも医師や患者の希望どおりに進行するとは限らないことを、一度理解しておく必要があります。これには多くの理由があります。これは、組織の出血の増加、皮膚の弾力性の低下、手術部位の瘢痕組織の変化などです。これはすべて、操作の最終結果に影響を与える可能性があります。しかし、一般的に、脂肪吸引後の合併症はまれです。手術部位で痛みを伴う感受性が増加している患者はわずか2.5%で、1%は皮膚の色素沈着に変化があり、もう1%は慢性疼痛症候群を発症しています。 200回ごとに、たとえば血液中毒など、ある種の敗血症現象が発生します。状況が好ましくなく、医師の仕事がうまくいかない場合、セルロースと皮膚の壊死を起こす可能性があり、下肢の手術は体液の流出に違反します。カニューレの直径が正しく選択されていないと、体の輪郭が不均一になり、「ウォッシュボード」症候群が発生します。手術が広範囲に影響を与える場合、失血が大きくなるため、貧血を伴います。しかし、これはすべて、手術自体の欠点よりも医療ミスに関係しています。外科医の有能な仕事は通常これらの問題を回避しますが、いずれの場合でも、重大な失血が起こり、身体に痕跡を残さずには通過しません。健康を増やさないもう一つのポイントは麻酔です。肝臓の場合、1週間のむちゃ食いよりも危険であり、神経細胞が危険にさらされています。

脂肪吸引は、年齢に関係なく、健康状態に関係なく行うことができます。理論的には、障害はありませんが、練習はしばしばこれとは異なります。死んだ沈着物が除去されると、過剰な皮膚が現れます。時間の経過とともに自然に縮小するはずです。つまり、リハビリの成功は皮膚の弾力性を提供します。しかし、時間が経つにつれ、悪化し、そのような大きくて急速な体重減少に対応できなくなります。したがって、最近体重も減った高齢女性の脂肪吸引は、回復できなかった皮膚のたるみにつながる可能性があります。一般に、このような手術は循環器疾患や糖尿病のある人、および脂肪を排出する予定の体の一部に最近手術を行った人には禁忌です。

手術後、脂肪は他の場所の2倍の速度で成長し始めます。人間の脂肪細胞は思春期前にのみ増殖できます。その結果、成人では、その数は人生の終わりまで変化しません。したがって、取り除かれた細胞を元に戻すことはできませんが、体内の残りの細胞はますます脂肪を蓄積し始めます。したがって、脂肪吸引後、手術部位と隣接する部位の両方でより多くの脂肪を得ることができます。だから太りすぎの素因がある人はリラックスしてはいけません。夜は食べ物をあきらめ、お菓子やその他の有害な食べ物をあきらめる必要があります。

あなたは好きなだけ脂肪を取り除くことができます。実際、9リットルという、追跡する価値のない記録があります。手術はしばしば脂肪彫刻と呼ばれるため、除去される脂肪の量を慎重に検討する必要があります。平均して、一度に最大3リットルの脂肪を送り出すことは安全で正常であると考えられています。

手つかずのままにしておくのが最善の領域があります。しかし、これは本当です。前腕と下肢には脂肪吸引を行わない方が良いでしょう。このような手術は、更年期のこぶ、肩部、背中上部の場所では効果がないと考えられています。しかし、これも論争の的であり、この手法について一般的に言えば同様です。脂肪を排出する方法、そのためのツール、場所、量を選択するときは、医師に相談するのが最善です。信頼は、経験豊富で評判の良い医者でなければならず、美しい兆候に駆けつけてはなりません。

脂肪吸引は脂肪の通常のポンプです。実際、あなたは体がそのかなりの質量の除去にどのように反応するかについて考える必要があります。そして、手術現場の見た目も美しいはずです。したがって、脂肪吸引は脂肪の正常な圧送と見なされるべきではなく、むしろ脂肪彫刻です。

脂肪は彫刻に非常に便利な素材です。実際、脂肪組織は、他の組織と同様に、かなり複雑なリンパ系と血液微小循環系を持っています。そのような介入の必要性を完全に確信している場合にのみ、その完全性に違反する可能性があります。

皮膚の穿刺部位とその位置は任意です。これは誤りであり、各ゾーンのパンクチャの数とその場所が事前に決定されています。

除去される脂肪の量は任意です。実際、この点で、対称性の法則も考慮に入れられなければなりません。除去される脂肪の量は事前に予測され、対称的な領域では同じでなければなりません。さもなければ、手術部位が波状になります。

脂肪吸引術は、表面的なものと深いものがあります。手術中、皮下組織のすべての層のトンネルは等間隔に配置されます。しかし時々、彼らは皮膚の引き締めの効果の増加と関連しているトンネルのより浅い場所を認めます。

脂肪吸引の結果は、手術後の最初の数日ですでに明らかです。この種の手術はすべて、2〜3か月のリハビリ期間を伴います。前腹壁を使って作業を行った場合、約4か月間話すことができます。最初の数週間は、外傷後の浮腫のみが手術部位に現れます。それは、浸潤物の形成を伴う翌月半にのみ溶解します。それは、3〜4か月後に消えます。

最終的な結果を達成するには、術後の手順を経る必要があります。脂肪吸引術には、マッサージ、リンパ排液、超音波などの特別な手順は必要ありません。最初の結果と最終結果は、完全に操作の品質に基づいています。そして、これらの手順は、騙されやすいクライアントでお金を稼ぐためにクリニックやサロン自体によって提供されています。

脂肪吸引の結果を予測することは不可能です。実際、好ましい結果が予測できます。患者は手術のすべての適応に従うだけでよく、医師は必要かつ十分な介入を評価し、そのような手順を実行するさまざまな方法を持っています。

手術後、すぐに帰宅できます。この神話によると、脂肪をポンプで排出した後、人はもはや何も気にしません。小さな腫れだけが残り、すぐに消えます。そして1か月後にその人は完全な人生に戻ります。まず第一に、手術後、少なくとも1日は入院する必要があることは注目に値します。結局のところ、外科医は彼の患者を観察する必要があります。この場合、温度が上昇しやすくなり、違和感が生じます。腫れとあざは、喜びのために支払われるべき必然的な代償です。彼らは約3週間続きます。また、人は脂肪吸引後1か月間、圧縮下着を着用する必要があることにも注意してください。肌の収縮を助けます。そして3か月後に初めて、結果を実際に評価することが可能になります。

脂肪吸引後、ダイエット、スポーツ、高価な化粧品を忘れることができます。得られた結果を統合し、さらに改善するために、特別な食事療法、マッサージ、運動の使用のみを歓迎します。手術は体重を減らし、セルライトやストレッチマークを取り除く方法ではないことを覚えておく必要があります。もちろん、脂肪を取り除くことも減量につながります。しかし、ダイエットをそのままにしておくと、脂肪が元に戻ります。そして、どの技術が適しているかを理解するために、専門家が予備調査を行います。脂肪の沈着物が少ない場合は、すべての脂肪吸引法で結果が得られます。外科医のスキルはここですでに重要です。

脂肪吸引は、独立した操作として排他的に実行されます。実際、この身体形成手順はしばしば組み合わせて行われます。脂肪吸引は、身体の加齢に伴う変化の矯正、前腹部の形成外科、または負傷からの回復の一部となる可能性があります。

脂肪吸引は、心理的な問題からあなたを救います。心理的圧力の状態では、多くの人が脂肪吸引でこの問題の解決策を探しています。これは、太りすぎの患者にとって特に重要です。時々、手術は本当に精神を助けます。患者は自尊心を高め、外観の改善について肯定的な感情を抱き、複合体は消えます。ただし、これは条件が軽度または中程度の場合にのみ当てはまります。患者が深く落ち込んでいるか、食物知覚に深刻な問題(過食症、食欲不振)があった場合でも、手術は効果がありません。この場合、心理学者または精神科医に直接連絡する必要があります。だから、脂肪吸引が神経障害や深刻な心理的問題を解決する方法であると仮定しないでください。

脂肪吸引後、典型的な跡が残ります-術後の傷跡と傷跡。通常、彼らは自然の折り目や、リネンで隠されている場所に穴を開けようとします。それらの直径は通常8ミリメートルを超えません。数か月以内に、これらの場所に細心の注意を払っても、外科的介入の痕跡を見つけるのは困難になります。脂肪吸引後の傷跡や傷跡は残っていません。


ビデオを見る: 全身整形貯金全額で痩せるために脂肪吸引してみた (八月 2022).