情報

ナイフ

ナイフ


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ナイフ-切削工具:ハンドルに固定された鋭いエッジの金属ストリップ。ナイフにはさまざまな種類があり、形や機能が異なります。キッチン;肉屋、巨大なブレード付き。大工仕事(カッター);医療用オールメタル(メス);シェービング用(カミソリ);コンバットナイフ(通常は両刃);短剣-古代ロシアの歩兵の主な武器、後に-補助武器;フィンランドナイフ-小さな戦闘ナイフ。ペンナイフ-かつては、羽を研ぐための小さなナイフでしたが、今では小さな折りたたみナイフはペンナイフと呼ばれています。狩猟;包丁など

東部スラブ人の間で、ナイフは、アポトロピック(保護)機能を備えていました。彼は赤ん坊のゆりかごに入れられ、ドアの上に貼り付けられ、魔女や悪霊に対するさまざまな儀式で使用されました。ナイフはまた、有害な機能を果たす可能性があり、損傷の武器として使用されました。これに関連して、ナイフをテーブルに置いて夜を過ごすこと(「邪悪な者がいる」)、ナイフを使うことの禁止(「邪悪な者はそれを切る」)があります。

優れたナイフは、花崗岩の岩を割ったり、板金を打ち抜いたり、釘(コイン)を切り刻んだり、ガラスを引っかいたりする必要があります。いいえ、このナイフの使用は、潜在的なバイヤーに最高品質の製品を納得させるために製造業者が使用する宣伝トリックにすぎません。上記の操作には、専用の工具があります:ノミ、金属用のこぎり、斧、ブリキレンチなど。そして、ナイフは食物(パン、ソーセージ、トマト、肉)を切って、魚を皮をむき、狩りで殺された動物から皮を取り除くように設計されています。そして、言及された機能ごとに別々の刃を持つことが最善です(結局のところ、狩猟用ナイフが台所での常時使用に特に適していないのと同じように、包丁で枝肉の皮をむくのはそれほど便利ではありません)。

「タフ」な人に最適なナイフは「バタフライ」です。耐久性があり、快適で、使いやすいです。実際、このナイフはそれほど強くなく、刺すような打撃を強調せず、不便であり、他のナイフよりもゆっくりと開きます。さらに、良いナイフの代わりに、何にも役に立たない中国のお土産のコピーを購入する非常に高いリスクがあります。

「オートマタ」は、「蝶」のように、その極端な効率と他人への潜在的な危険性のため禁止されています。私たちはすでに蝶がめったに危険な武器であるとは言いませんでした。悲しいかな、自動ブレード排出機能付きのナイフ(「マシンガン」)にも欠点がないわけではありません。開封速度は、「片手」ナイフよりもわずか1〜2秒の利点があります。設計はかなり信頼できません-中に入る小さな斑点でもメカニズムを妨害する可能性があり、手袋を着用しているとボタンをほとんど押すことができません。これに加えて、すべての面でのブレードの遊び、ポケットの自発的な開口、機構の急速な摩耗-結論を引き出します。

あなたはより良い「フィンランドの」ナイフを見つけることができません。ほとんどの場合、誇らしげに「フィンカ」と呼ばれるものは、フィンランドの刃とは何の関係もありません。そのようなナイフは、実際には道具なしで、スクラップ材料から「ゾーンで」作られます。テクノロジーへの準拠は問題外です。さらに、このようなナイフは重点が置かれていないため、非常に慎重に扱う必要があります。したがって、靭帯を損傷するリスクがあります(ブランドのパカンの「山羊」折りたたみが形成されたのは「フィンカ」の不注意な取り扱いが原因であったという噂があります)。もちろん、パンチングストライクに最もよく使用される特定のグリップを習得すると、打撃する肢の長さは数センチになります。ただし、現代のナイフテクニックの動きの80%以上が刺すことではなく、切断を目的としていることを忘れないでください。この「フィンカ」にはあまり適していません。

ナイフの材料としてのステンレス鋼は枯渇しており、未来は炭素鋼にあります。確かに、「カーボン」ナイフは、かなりリーズナブルな価格で異なりながら、よりよく切れます。ただし、湿気に長時間触れると、大量の炭素が原因で耐腐食性の鋼が錆びで覆われる可能性があることに注意してください。そのため、概して「ステンレス鋼」は、優れた「カーボン」だけでなく、ダマスクやダマスクのブレードにも劣らない。

最高のナイフは、腐食防止コーティングが施された炭素鋼で作られています。これは完全に真実ではありません。結局のところ、コーティングは遅かれ早かれ崩壊し、微細な穴がいくつかある場合、金属はいつの間にか錆び、ある時点でそれは不愉快な驚きになります。また、ロック、ナイフ機構の部品なども忘れないでください。コーティングは単に適用することが不可能です。

ステンレス鋼のナイフは最高です。確かに、そのようなナイフは比較的安価で、研ぐのが簡単で、腐食に強いです。しかし、これらのブレードは刃先の耐久性が弱いため、非常に頻繁に研ぐ必要があるため、すぐに鈍くなります。より良いナイフは粉末鋼から作られますが、誰もがそれらを買う余裕はありません。

どんなナイフでも研ぐことができます。たとえば、酸化ジルコニウムをベースにしたセラミックブレードを備えたナイフは、コランダムとダイヤモンドに次ぐ非常に高い硬度を持ち、ほとんど鈍くないため、研ぎません。また、刃先を炭化金属またはチタンセラミック層でコーティングしたナイフを研ぐこともできません。これにより、耐摩耗性が向上します(研ぐと、適用したコーティングが破壊されます)。鋭利な角度を誤って決定して製品に損傷を与える可能性があるため、鋸歯状の刃を自分で研ぐことはお勧めしません。

研いだナイフは簡単に重量で紙をカットします。鋭利な角度が小さい場合、ナイフの鋭さは上記の方法では決定できません。

長いナイフが一番です。それはすべて、ブレードの使用方法によって異なります。たとえば、ナイフの先端で作業する必要がある場合、刃の長さが長いとヘルプよりも障害になります。歴史的に、最適なナイフの長さは10〜15 cm、幅は1.5〜2 cmであると決定されています。

ダマスク鋼とダマスク鋼の秘密は、取り返しのつかないほど失われています。ヨーロッパでは、中世以来、ナイフや銃身だけでなく、装飾品もダマスカス鋼で作られていました。ダマスカス鋼の現代的なアナログで作られたブレードは、ベルトを包み、その場でシルクスカーフを切り、小川に沿って浮かんでいる葉を切り取ることができます。しかし、同時に、現代のパターン化された鋼は、研ぎ、洗浄(錆びが激しいため)、および慎重な取り扱いが必要であることを覚えておく必要があります(マスターメーカーにも見えない隠れた傷が含まれている可能性があるためです)。もちろん、かなり良いブレードが見つかることもありますが、ほとんどの場合、ダマスカス鋼は装飾材料です。

ブラットとダマスカスはまったく同じものです。 「パターン化された鋼」という用語は、実際に両方の材料に適用できます。しかし、製造技術とその特性は異なるため、ダマスカスとダマスカスの間に等号を付けないでください。

最も便利な組版ハンドル。残念ながら、これは完全に真実ではありません。確かに、白樺の樹皮と革の組版グリップは暖かく、購入後はどんな手にもフィットするように簡単に形を整えることができます(ただし、グリップが異なる素材でできていれば、同じようにフィットします)。ただし、すべてのメーカーが白樺の樹皮を適切に処理できるわけではないことに注意してください。結果-ハンドルは汚れに抵抗せず、乾燥したり崩れたりする可能性があります。含浸処理により素材の強度が高まりますが、白樺の樹皮はその暖かさと柔らかさを失うため、お客様から高く評価されています。ハンドルがエポキシ樹脂またはシアノアクリレートで処理されている場合、使用中に所有者の健康にかなりの害を及ぼす可能性があります。
高品質の素材で作られた、技術に準拠した積層革のハンドルは、本当に優れた特性を持っています。しかし、処理プロセスは長くて面倒なので(革の乾燥、伸張、研磨、プレスには数年かかる場合があります)、現代の製造業者は、エポキシで接着されたシャンバレッサリーレザーを購入し、シャンクに取り付けてから、グラインドして含浸処理します。このようなハンドルは、霜や重い負荷に耐えることができず、湿気に耐えられず、すぐに劣化します。

天然素材の柄のナイフを選ぶのが一番です。はい、ハンドルが技術の専門家などによって技術の専門家によって作成された場合など。しかし、すでに述べたように、製造業者は何世紀にもわたってハンドルを作成するための確立された規則に常に従うわけではなく、その結果、製品は特に高品質ではありません。したがって、ハンドルがゴムプラスチック、フィラー入りプラスチック、さまざまな複合材料で作られたナイフを優先することをお勧めします。軽量、強度、耐水性、低温および攻撃的な環境(塩、油、燃料、潤滑剤など)に対する耐性が特徴です。

よく発達したガード(特に湾曲したスパインまたは口ひげ)、強力なストップ、深いノッチは、優れたナイフの特徴です。誤解。素手(手袋なし)のハンドルは、手のひらとハンドルが乾いている場合、かなり自信を持って停止せずに握られます。さらに、突っ込んだ打撃では、ストップだけに頼ることはできません。指を折って手を傷つける可能性があります。指の厚さの半分以下の深さのヒップ下の切り欠き、ハンドルまたはブレードの小さな「伸び」、人差し指の下のハンドルの厚さを狭くすることで、切断およびスライス作業中と刺し中の両方で信頼性の高いグリップを提供できます。大きすぎる十字線は、ブレードをシースから外して使用、持ち運びするときにのみ邪魔になります。

最も効果的で使いやすいナイフはナイフです。いいえ、本当に効果的なパンチングブローの場合、このナイフは小さすぎ(折りたたみの信頼性が非常に高い)、外傷性があります(強く叩くと、指が折れる可能性があり、手の負荷が非常に高くなります)。このナイフはそれほど速く作動しません(結局のところ、それはまだケースから引き出す必要があります)。そして最後に、前述のかわいい「インターデジタル」のものは日常のニーズに適応していません。

カートリッジ付きのナイフをロードすることはできません。それは私たちが話しているブレードに依存します。たとえば、特殊部隊で使用されるナイフのハンドルには、9 mmのカートリッジを備えた小さなバレルを取り付けることができます。内蔵のスプリングの作用下でブレードを突き出すナイフもあります(作用範囲-約5メートル)。

研ぐナイフがあります。それは神話です。キャベツやパンでナイフを研ぎません。

ナイフのレーザー研ぎが最も効果的です。明確にしましょう:レーザーでナイフを研ぐことは不可能です。 「鋸歯状」の研ぎ(口語で「レーザー」と呼ばれる)は、型抜きカッターを備えた機械を使用して生成されます。レーザーはシャープニング角度の制御にのみ役立ちます。

ゾーリンゲンは、植物または鋼の等級の名前です。実際、ゾーリンゲンはドイツの都市です。ゾーリンゲンには、高品質のナイフや刃物などを製造する古い伝統があるため、「刃の都」と呼ばれることもあります。同時に、ゾーリンゲンの専門家はずっと以前から生産を中国とトルコに移してきた。

市場は中国からの安い偽物で溢れています、良いナイフを買うことはほとんど不可能です。もちろん、専門家だけが「目で」製品の品質を判断できます。しかし、通りにいる単純な男でさえ、(ナイフだけでなく)適切な製品を選択できるはずです。したがって、ブレードを購入するときは、いくつかの機能に注意を払う必要があります。
-ナイフにメーカーのマークが付いているかどうかを確認します(会社名だけでなく、植物のロゴも表示されます)。
-スタンプされたスタンプは、異なる断片の深さが均一でなければなりません。自尊心のあるメーカーは、高炭素鋼でできたナイフをスタンプで傷つけないことに注意してください(結局のところ、金属の結晶構造が乱され、ブレードが「弱まる」)。そのような製品では、スタンプは他の方法(電気化学またはエッチング)で適用されます。ロゴが描かれているナイフは100%偽物です。
-多くの有名なブランドには「ダブルス」があり、その名前がわずかに変更されていることを覚えておいてください(違いは1文字だけの場合もあります)。
-有名メーカーの名前の後の「インターナショナル」という言葉は、あなたの前には中国またはトルコでそれぞれ作られたモデルであり、それほど高品質ではないことを示しています。
-高品質の研削は、ブランド製品の特徴です。
-良質のナイフは高品質で組み立てられています-リベットの近くに欠けや亀裂はなく、すべての部品は慎重に取り付けられ、よく磨かれています
-良いパッケージング、「手で」ナイフを拾うことを可能にすることは、高品質の製品の兆候です。ブリスターパックに入っている製品は、製品を「試着」する機会がありませんが、通常はそれほど良くありません。
-「手作り」、「ドイツのデザイン」、「日本デザイン」、「レーザーステンレス鋼」の表記があるナイフは、決して最高ではありません。
-鈍いナイフを購入しない方が良いです-経験と特別なツールなしでは、それを実用的な切れ味に研ぐことはほとんどできません。
-包装には、消費者の国の言語での製品の特性(鋼のグレード、硬度、製造技術を示す)が含まれている必要があります。同時に、包丁の「ロックウェルスケール」によると、硬度は48〜57で、52 HRC + -1-2未満のインジケーターは刃の品質が低いことを示しています。そしてハンティングナイフの場合、この数値は58〜62 HRCです。


ビデオを見る: キクナイフ切れ味最強ナイフメーカーとのコラボナイフがついに完成その性能とはkiku knivesKiku Matsuda knifeКику Мацуда нож松田菊男 (かもしれません 2022).