情報

クレジット

クレジット



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

貸付システムは、人々が物や不動産を購入し、支払いを長期間延ばすことを可能にします。しかし、特に家電製品の貸し出しには、多くの神話があるために人々が気付かないいくつかの落とし穴があります。

金利が低いほど、ローンは安くなります。このサービスを最低金利で提供している銀行や組織に連絡する方がはるかに簡単に思えます。しかし、利息の支払いに加えて、手数料、保険と呼ばれる追加の支払いがしばしばあることに気づく人はほとんどいません。月額手数料1.8%の8%のローンは、最終的に5%のローンよりも安くなります。銀行手数料の違いが最終的な支払い額に影響し、その年のデルタは5.4%になり、金利の違いより2.4%高くなります。不快な状況にならないようにするために、消費者はクレジット支払いの完全な計算を要求するようにアドバイスされます、そしてそれから実際にいくら支払われる必要があるかがはっきりとわかります。

長期ローンを組むのは不採算です。この問題は、彼ら自身のソルベンシーに基づいてアプローチされるべきです。クレジットで購入する場合は、商品の最終的な費用だけでなく、毎月の支払いも評価する必要があります。通常、ローン期間が長くなると、支払い額は減少します。一度に圧倒的な負担を負うよりも、長くても少なくても簡単に支払うことができるのではないでしょうか。クレジットプログラムの選択は通常、銀行から購入者に提供され、多数の中から選択できます。

融資を受けるには、たくさんの書類を完成させる必要があります。この神話は、消費者ローンから離れて多くを怖がらせます。実際、多くの家電店はパスポートだけを必要とするローンを提供しています。ただし、貸し手についての情報が少ないほど、ローンの返済に問題が発生するリスクが高くなることに注意してください。したがって、そのような場合の金利が高くても驚かないでください。

ローン処理が長時間遅れる。それはすべてあなたがローンを取る場所に依存します。銀行の支店から直接受け取る場合は、回答を待つのに1週間以上かかることがありますが、店舗でローンを申し込んだ場合、この手続きには30分もかかりません。

すべての機器をクレジットで購入できるわけではありません。店に対する責任は買い手ではなく銀行が負うため、この神話の起源は明確ではありません。貸付による機器の取得取引は売り手にとって有益であり、彼は何もリスクを冒さないため、いかなる製品も手に入れる理由はありません。したがって、最大の機器店ではそのような制限はありません。

ローンが最初の支払いを提供しない場合、高金利は確かに含まれています。それは必ずしも必要ではありませんが、そのようなプログラムでは銀行の特定のリスクを考慮する必要があります。したがって、収入の証明書が必要な場合はかなり合理的です。

クレジットカードで購入する場合、割引カードは機能しません。この問題の解決策は、完全に売り手自身の能力の範囲内にあり、通常、この問題の深刻な小売チェーンは、購入者と途中で会い、常連客に感謝しています。したがって、この質問を明確にすることを躊躇しないでください。追加の5-10%割引を受ける可能性は十分にあります。

ローンは銀行の支店でのみ返済できます。実際、それはローンのお金がどこから来るか銀行に違いはありません。サードパーティの銀行がそのような支払いに追加の手数料を支払う可能性があることを考慮する必要があるだけなので、追加の利息なしで資金を受け入れる場所と組織のリストについては銀行に確認してください。

店舗から直接借りるよりも銀行から貸し出すほうが有利です。ストアはプロモーションクレジットを提供することが多いため、これは正しくありません。このようなプログラムへの参加は購入者にとって有益であり、事務処理の条件は大幅に簡素化されます。

クレジットよりも分割払いで商品を購入する方が有利です。分割払いは実際には、銀行と店舗が以前に合意した商品の購入に提供されるローンの一種です。分割払いプランは、ローンの利息がないことを常に提供するわけではなく、それらを「隠して」、商品の膨らんだコストに組み込むことができます。多くの場合、分割払い計画中の頭金の額でさえ、従来の貸付よりも高くなります。したがって、製品を分割払いで購入することを決定したので、実際のコストを見積もり、過剰支払いの可能性を見積もります。

0%のローンがあります。この質問は物議を醸しています。確かに、あなたは自分の努力とリソースで店が直接組織する行動に参加することができます。多くの場合、そのようなオファーはマーケティングの策略であり、そのようなローンでは、サービスや保険への関心が大幅に高まり、銀行に同じ資金を獲得する機会が与えられます。そして、健全な論理は、だれも彼らに不利益をもたらすことはほとんどないだろうと指示しています。


ビデオを見る: LINE私のクレジットカードを無断で利用する年下の彼氏はあ人を泥棒扱い俺の機嫌を損ねちゃったなw決定的証拠をつきつけてからしてやったwスカッとする話 (八月 2022).