情報

アルコール

アルコール


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

アルコール(エチルアルコールまたはアルコール、絶対アルコール、alcohol_ absolutus)、化学、C2H5OH、無色、刺激的な味、特徴的な臭い、可燃性液体、78.13°Cで沸騰、-130°Cで凍結、ビート。重量0.794。

アルコールはタールと精油を溶かします。酸でエステルを与えます。それはすべてのアルコール飲料に含まれており、それらを酔わせる効果を引き起こします。エキサイティングな方法で体に作用し、新陳代謝を遅くします。

アルコールは合成で調製できます。大きいサイズでは、アルコール発酵中の糖に対する酵母の作用から、デンプン質および糖質の物質から得られます。技術(照明材料、香水、染色、ニスなど)、化学、薬学で非常に多様な用途があります。

アルコールは長い間、すべての人類にとって一種の障害になっています。人々はその利点や害について根気強く議論しています。アルコール飲料の有用性に関連する多くの誤解や神話さえあります。彼らはどれほど本当ですか?

アルコール神話

アルコールはあなたがすぐにウォームアップするのに役立ちます。アルコール飲料はしばしば中毒と呼ばれています。どうして?アルコールには温暖化効果があると人々は確信しています。そして、凍った人にとっては、強い何かを一口飲むのが最良の薬です。そのような陳述には真実のほんの一部しか含まれていません。実際には、約50グラムのウォッカまたはブランデーが冷却に役立ちます。彼らは血管を拡張し、内臓への血液供給を正常化します。その後のアルコールの投与により、皮膚への血流が増加します。彼女は赤面し、心地よい温もりが現れる。しかし、それは非常に欺瞞的です-結局のところ、この場合、熱伝達が増加し、体はさらに冷え始めます。さらに、人は完全な安寧という主観的な感覚を保持します。したがって、アルコール飲料の温暖化効果は非常に誇張されています。

アルコールは食欲を高めます。アルコールは本当に食欲を刺激しました。しかし、わずかな空腹感は、強い飲み物だけで引き起こされ、それでも少量で引き起こされます。 20〜25グラムのウォッカについて話します。彩度の中心に影響を与え、それをアクティブにします。このプロセス全体には15〜20分かかります。したがって、食べる直前に「食欲のために」飲むことは根本的に間違っています。結局のところ、空腹はほんの数秒で現れません。それはより長い時間がかかります。さらに、食事の前のアルコールも彼らの状況の解決策ではありません。アルコールは空腹の粘膜に向かって積極的に振る舞います。彼は塩酸に苦しみ、その生産量も増加します。その結果、胃炎が発症することがあります。食欲と一緒に食べるには値段が高す​​ぎますか?

アルコールはストレスを和らげます。しばしば疲れた人々はアルコールで体を元気づけようとします。しかし、ほとんどの場合、これは正しく行われません。結局のところ、あなたはかなり飲む必要があります-20-30mlのウォッカまたはブランデー、または40mlのワインまたはマティーニ。そのような少量は内部ストレスを和らげ、リラックスするのに役立ちます。これは一般に、「ストレスを和らげる」という概念に対応しています。残念ながら、この目的のために、はるかに大量のアルコールが最も頻繁に使用されます。ここで、シナリオは2つの方法で開発できます。第一に、疲労が悪化し、気分が低下し、一種のうつ病が現れ、内部の疲労感を高めるだけです。もう1つはアルコール性陶酔であり、これも必然的にうつ病に終わります。どちらの場合も、ストレスの緩和について話す必要はありません。したがって、アルコールの助けを借りてこの不幸を本当に取り除くなら、あなたは賢明にそれをする必要があります。

アルコールは風邪の治療法です。多くはウォッカで風邪の治療を受けています-リンゴ、蜂蜜、何か他のもので。そのような薬はまた、体温を下げ、鼻水を止め、喉の痛みを軽減すると考えられています。この信念の由来-誰も知らない。しかし、何らかの理由で、多くの人はこれが古いロシアのレシピであり、すべての祖先がこのように扱われたと確信しています。ロシア人がウォッカで風邪と戦った可能性があります。もう一つは重要です-現代医学はこの方法を認識していません。第1に、「火の水」に対する耐性はまったく改善されません。第二に、アルコールは喉の痛みに対する最善の効果にはほど遠い。それは「治療」の後にさらに傷つき始めます。ウォッカの治癒力を信じる必要はありません。しかし、温めた赤ワインを少量飲むことができます。それは少なくとも身体の免疫系を刺激する能力を持っています。

ウォッカは胃の病気を治します。ウォッカは胃の病気の治療に使用できるという一般的な信念(通常、食事の前に50グラムを服用することをお勧めします)は間違っているだけでなく、危険でもあります。アルコールは胃粘膜に非常に豊富に存在する神経末端に直接作用するため、最初の数週間は少量のウォッカで鎮痛効果があります。しかし問題は、鎮痛効果を維持するために毎日ますます多くの用量が必要とされることです。しかし、これは最悪のことではありません。アルコールは消化器官への急激な血液の急増を引き起こすため、胃の病気での使用は深刻な合併症につながる可能性があります-胃出血、胆嚢炎の悪化。

高品質のアルコールは害を及ぼしません。アルコールは体に有毒な影響を与えます。これは、エチルアルコールの分解生成物の一つがアセトアルデヒドであることによる。身体に様々な残虐行為を生み出すのは彼です。しかし、低品質のアルコールは体にさらに悪い影響を与えます。結局のところ、安価な強い飲み物は適切な精製を受けておらず、アルコールの毒性効果を大幅に高めるフーゼルオイルが含まれています。自家製ドリンクも同様です。そして、水はよく使われ、環境に優しい果物や果実ですが、それでも飲料は同様の購入したものよりもはるかに有害であることが判明しました。そして、家でアルコールをきれいにすることは非常に難しいからです。もちろん、有名で高価なブランドを優先すべきですが、健康に影響を与えないとは考えないでください。

アルコールはどんな量でも危険です。健康的なライフスタイルの信奉者は、完全にアルコールを飲むのをやめたがっています。しかし、世界中の科学者たちは、たとえば赤ワインの利点について長い間結論を出してきました。これには、心血管系に有益な効果をもたらす成分が含まれています。一方、適度に、ワインとビールは体に良いです。医師によると、アルコールを食事から除外する必要はありません-乱用しないことが必要です。

アルコールはパフォーマンスを向上させます。多くの人は、アルコールの影響下で、仕事はいつもより簡単だと信じています。すべての反応と感情が鈍っているとき、私たちは平均について話しているわけではなく、重度の中毒についてさえ話していません。これは、思考プロセスが活性化される穏やかな程度を指します。しかし、この感覚は完全に主観的であり、これは最近オーストラリアの科学者によって証明されました。実験の助けを借りて、彼らは最も興味深い結論に達しました。わずかに酔った人々では、精神的および運動的反応の速度が本当に増加する可能性があることがわかります。しかし、これらの反応はしばしば間違っています。さらに、少量のアルコールでも濃度が低下し、推論の質が低下します。したがって、「学位の下で」働くことはあなた自身にとってより高価です。たぶん、作業は速くなりますが、確かにさまざまな種類のエラーが含まれます。

アルコールは血圧を下げる。多くの高血圧の人々は、アルコールの助けを借りて血圧を下げることが可能であると考えています。彼は、彼らは言う、血管を拡張します...このステートメントにはいくつかの真実があります-少量のアルコール飲料は本当に血管壁の色調を弱めます。しかし、これとともに、彼らは心拍数を増やします。そして、血圧は、血流に「押し込まれた」血液の量に直接依存します。この容量が大きいほど、圧力は高くなります。したがって、アルコールは決して高血圧の治療法と見なされるべきではありません。多くのアルコール飲料が生理活性物質を含んでいるという事実によって、状況はさらに悪化します。これらの化合物自体が血圧に影響を与える可能性があり、ほとんどの場合、悪影響を及ぼします。

アルコールはカロリーが高くありません。多くの女性は自分が食べるすべてのカロリーを数えます。また、飲んだカロリーはカウントされません。一方、アルコールはエネルギー値が非常に高く、飲み物が強いほどこの値は大きくなります。この指標はウォッカの最高です。後者は栄養的な特性を持たず、カロリーはアルコールだけのためにもたらされます。そのため、それらを取り除くことは非常に困難です。ワインでは状況が少し異なります。この飲み物のエネルギー値は、炭水化物が原因の1つです。炭水化物は、簡単に分解され、簡単に燃えます。したがって、ワインは外観にそれほど悪影響を及ぼしません。それにもかかわらず、どのアルコールもカロリーが非常に高いです。この規則は例外を知らないので、飲む前にあなたはあなたの健康だけでなくあなたの姿についても考える必要があります。

ウイスキーはウォッカよりも危険な飲み物です。本当じゃない。 40以上のすべてのスピリッツ(ウォッカ、コニャック、ウイスキー)は、胃がんに等しく寄与します。しかし、それらを発がん性物質と呼ぶのは間違いです(発がん性物質は、タバコの煙、不適切に保存された食品に含まれ、栄養不良の場合、発がん性物質が胃自体に形成されます)。彼らの「悪役」は違います。それらは細胞への発癌性物質の浸透性を促進します:アルコールの影響下で、胃粘膜の細胞の膜は壊れ、外部の影響からそれらを保護します。細胞は、すでに癌の直接の原因となっている発癌物質である有害な因子への曝露に開放されます。

ビールはアルコールではありません。今では多くの人がビールは低アルコール飲料なので、健康に害はないと考えています。これは破滅的な妄想です。ビールにはアルコールはあまり含まれていません。しかし、これはこの飲み物が無害であることをまったく意味しません。それはまたアルコール性であり、したがって中毒性があります。いわゆるビールのアルコール依存症について、最近ますます多くの医師が話しているのは、当然です。さらに、酔った飲み物は肝臓と心臓にとても悪いです。これらの臓器は変性を受け、機能が低下し始めます。これらすべてを考慮すると、決してビールをレモネードのように扱うべきではありません。リットルで毎日それを吸収することはできません。そのような軽率さはあなたの健康にすぐに影響します。

ウォッカと一緒にソーダを飲むべきですか?多くの場合、飲み過ぎないように、強い飲み物を炭酸水とさまざまな強壮剤で希釈して洗い流すことがよくあります。しかし、これは中毒を加速させるだけであり、深刻な二日酔いにつながります。したがって、本当にウォッカを飲む場合は、非炭酸ミネラルウォーターのみです。

飲んではいけませんが、食べてください。私たちのほとんどは、強い飲み物が絶対に必要であると確信しています。そして、決してそれらを飲むべきではありません。しかし、このステートメントでさえ完全に正しいわけではありません。ここでは、スナックの種類(高温または低温)を明確にする必要があります。後者はアルコールを弱く中和し、すぐに血流に吸収されます。人がアルコールを飲むときも同じことが起こります。したがって、この意味で、ジュース、コンポート、フルーツドリンクは、果物や野菜のサラダと同じレベルに置くことができます。スープやシチューなどの熱くて脂肪分の多い料理では、状況はまったく異なります。それらはエタノールの吸収を抑制し、中毒の重症度を減らし、従って最もよい軽食と考えられます。単一の「ウォッシュ」はそれらと比較できません。


ビデオを見る: アルコール依存 本人体験談 (六月 2022).


コメント:

  1. Haraford

    絶対にあなたに同意します。その中にも何かがあります、それは私には素晴らしいアイデアのようです。仰るとおりです。

  2. Camdin

    私はあなたが正しくないことを意味します。話し合います。午後に私に手紙を書いてください。

  3. Gere

    この素晴らしい投稿をしてくれた作者に感謝します!

  4. Garen

    同じ、無限に

  5. Venamin

    自信を持って言った、それから私の意見は明らかです。 Google.comであなたの質問に対する答えを見つけることをお勧めします

  6. Akinozilkree

    驚くべきことに、非常に面白いフレーズ



メッセージを書く