情報

妊娠の最初の学期

妊娠の最初の学期


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

未来の子

最初の学期の終わりまでに:高さ-6-8 cm、体重-14-19グラム。

最初の学期は妊娠全体で最も決定的です。なぜなら、胎児のすべての臓器が配置されるのはこの12週間の間にあるからです。

流産の大部分は妊娠の最初の学期にも発生するため、女性が医師の処方箋に従い、ビタミン剤を摂取し、健康的なライフスタイルをリードすることは非常に重要です。

赤ちゃんの発育の変化はほぼ毎日起こります。妊娠第3週の終わりまでに、卵は子宮壁に埋め込まれ、受精卵になります。その周りに、胎盤、胎児嚢、羊水が形成されます。

胚発生のごく初期の段階でさえ、脳細胞のプロトタイプ、将来の血液、骨格、筋肉、泌尿生殖器系、消化管および腺を区別することはすでに可能です。

3か月の終わりまでに、すべての臓器の原初が赤ちゃんに形成され、循環器系の形成がほぼ完了します。 20週間までは、血液を生成する主な臓器は肝臓で、その後骨髄に置き換えられます。

学期の終わりまでに、子供は聴診器で心拍を聞くことができ、特に正確なデバイスでは、受胎後21日から心拍を観察できます。

子供は頭を形成し、その上に耳、口、目が見えます(妊娠の終わりまでにまぶたも形成されます)。腕と脚が体から離れており、手のひら、足、指が見え、指には小さなマリーゴールドが目立ちます。

神経系の基礎が形成されます:脳と脊椎が形成されます。脳は急速に成長するので、頭のサイズは体の他のすべての部分よりもはるかに優れています。しかし、妊娠の終わりまでに、頭と体の比率は1:5になります(成人では1:8)。

信じられないほど、12週間までに、赤ちゃんは腕と脚を動かし始め、飲み込んでしゃぶり始めました。しかし、子供は非常に小さいので、母親はまだこれらの動きを感じていません。超音波を利用して、妊娠8週目から赤ちゃんの動きを観察できます!

子供の性別は受胎時に決定されますが、外性器が形成され、9〜12週間で視覚化されます。正確には、子供の性別はすでに妊娠後期に決定されます。

妊娠の終わりまでに、胎盤の形成は終わります。今、彼女はホルモンを作り、赤ちゃんをサポートする機能を引き継ぎます。第1学期にプロゲステロンとエストロゲンを産生した黄体は、徐々に機能を失います。これのおかげで、母親は不快な中毒で終わります。

自然流産のリスクが最も高い最初の学期の重要な日は、妊娠の4〜6週、次に8〜12週に分類されます。前者の場合、流産の脅威は、後者の場合の子宮への卵子の不適切な着床に関連しています-不利なホルモンの背景が原因です。

未来のお母さん

妊娠第三期の終わりまでに、体重増加は1.2〜2 kg、子宮の底の高さは10〜11 cmです。赤ちゃんが体を構築している間、母親も全体的に変化します。

最初に、体の構造(乳房の肥大、子宮の成長、体重増加)から始まり、追加の腺(黄体)の出現で終わる、生物全体の再構築があります。これらすべてが問題を引き起こさずにはいられず、最も有名なのは中毒症です。

中毒症は妊娠の最初の学期の特徴的な現象です。子宮への卵子の移植時に形成される黄体が、赤ちゃんの栄養と発育に必要なプロゲステロンとエストロゲンのホルモンをさらに生成するため、つわり、めまい、脱力感、失神さえも発生します。しかし、中毒症はすべての女性に全くありません、これは妊娠がどういうわけか間違っていることを意味しません。

女性は月経をやめますが、わずかな斑点がある場合もあります。分泌物が大量になり、痛みを伴う場合は、すぐに医師に相談してください(これは初期の流産の兆候である可能性があります)。

中毒症に加えて、妊娠初期の兆候は、膀胱への子宮の圧力の増加、乳房の肥大および腫れ、ならびにその痛みのために、頻繁に排尿する衝動であり、多くの女性は静脈を持っています。

心理的なレベルでは、多くの女性が最初のストレス、気分のむら、喜びに興奮した状態からうつ状態に落ち込んだ状態に変化します。妊娠中の母親はイライラし、明らかな理由もなく泣くことがあり、しばしば彼女の性的欲求が減少します。これは主に、中毒症から、仕事から、将来の赤ちゃんの心配から、彼女の新しい役割の心配-母親の役割からの彼女の疲労によるものです。

身体的レベルでは、感情の変化はホルモンの変化や腎臓、肝臓、膵臓へのストレスの増加に関連しています。通常、13〜14週間で、中毒症はなくなります。

最善の推奨事項は、自分について考え、もっとリラックスし、ストレスから考えられるすべての理由を人生から除外し、歩き、泳ぎ、新鮮な空気を吸い込み、オフィスや自宅に座っていないことです。極端な場合は、バレリアン、レモンバーム、ミント、ローズヒップティーを限られた量で服用してください。自分では対処できないと感じたら、心理学者に相談してください。

12週目までは、妊娠中の母親が出産前診療所に登録することをお勧めします。計画によると、最初の検査は8〜10週間で行う必要があります。これは、10〜12週間で最初の超音波検査を行い、胎児の奇形を特定するための二重テストに合格するためです。

最初の学期に、妊婦は以下のテストを受けます:
-臨床血液検査;
-血液生化学;
-一般的な尿分析;
-グループおよびRh因子の血液検査、Rh因子に対する抗体;
-感染症の血液検査(トキソプラズマ症、HIV、梅毒、風疹、パルボウイルス、肝炎);
-膣感染症に対する婦人科塗抹標本;
-専門医(内分泌学者、眼科医、セラピスト、歯科医など)による検査。
-心電図;
-首輪領域の超音波と組み合わせたhCGおよび血漿プロテインAのレベルについての血液の「二重テスト」(先天性染色体発達異常、例えば、ダウン症候群のスクリーニング)。

受胎-妊娠初期-妊娠後期


ビデオを見る: 妊娠5ヶ月妊娠初期を語ります (六月 2022).


コメント:

  1. Virisar

    この問題について支援を選択していただきありがとうございます。

  2. Moshicage

    よくやった、私はそれが好きだった!

  3. Loran

    そして、誰がこのすべての幸せから亀裂を持っていますか?それとも、私は何かにまったく追いついていませんか?

  4. Seger

    この投稿は比類のない)))、それは私にとって非常に興味深いです:)

  5. Sonny

    行われたことを元に戻すことはできません。覆水盆に返らず。

  6. Pedar

    私の息子が生まれたことを祝福してください!



メッセージを書く