情報

豊田

豊田


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

今日のトヨタは自動車の生産だけに従事しているのではありません。しかし、もちろん、そのような多面的な会社の主なものは、世界最大のメーカーであるため、自動車の生産です。

トヨタのおかげで、管理に対する興味深いアプローチが生まれたことも注目に値します。また、前世紀に日本経済全体の主役となったのは彼女でした。

1867年に大工の家に生まれた豊田咲志は、夢を見るのが大好きだった。彼は彼の発見で人々の生活を変えるために発明家になりたかった。不定の国民の伝統によれば、崎岸は家族の中で最も古い子供でした、それは彼の父の職業を継承することになっていたのは彼でした。当時の古い伝統がすでに盲目になっていたのは良いことです。若き咲石は、他の誰かになり、彼の夢を実現する機会を得ました。豊田は織機を取り上げ、1890年からこの業界に長く没頭しました。

崎志は専門教育を受けていなかった、彼は実際にすべてを学びました。 1894年に、初心者の発明者には息子のKiishiroがいました。それは彼が20年後に彼の父が自動織機を作るのを手伝うでしょう。その装置は、豊田家の新会社である豊田自動織機製作所の出現の基礎を形成します。これが有名な会社の登場です。

そして、1930年に豊田佐喜志が亡くなり、息子の喜代郎が家業を統括するようになった。実は、崎志さんは車を夢見ていました。伝説によると、息子への彼の最後の要求はこの方向に切り替えることでした。それはそうかもしれませんが、Kiishiroは家族の財産、つまり自動織機の特許を販売しました。発明の新しい所有者は、Platt Brothers&Coのイギリス人でした。 Ltd.、豊田は£100,000を受け取りました。

これらの資金は彼が会社の新しい部門に投資し、それが独自の車を作った。生産はまだゼロから行われたことは注目に値します。同社は、成功したアメリカのモデルを単にコピーすることから始めました。そして、このアプローチは、一般的に、日本の産業文化に典型的です。地元のエンジニアは、完璧になるまで良いものをコピーすることを好みます。そして、これだけのために、あなたはすでに自分自身を開発し始めることができます。

しかし、コピーだけでもそれほど簡単ではありませんでした。長い間、エンジニアはすべての作業を完了することができませんでした。豊田自動織機工場が豊田AA車を導入したのは1936年のことでした。もちろん、これはほぼ完全にアメリカンクライスラーエアフローをコピーしたものです。成功に大喜びした同社は、独自のロゴを発表し、すぐにトラックを発表しました。すぐに中国北部に輸出されました。

すでに生産の初期段階で、同社はいくつかの革新的なアプローチに固執し始めました。豊田は織りの会社でありながら、一人の労働者の問題で生産が止まってはならないという原則を守っていました。その結果、完成した製品は不良品になる可能性が最小限でした。日本が自動車を生産したときも同じ戦術が適用されました。

1937年、豊田喜一郎は自動車の方向性の成功を見て、それを別の企業に分離することを決定しました。それはトヨタ自動車会社の名前を受け取りました。明らかに、名前の "d"は "t"に置き換えられました。そして、このスコアには伝説があります。豊田という単語を書くとき、象形文字「d」は表示するのがかなり難しいことがわかります。筆を9回も打つ必要があり、この数は伝統的に日本には不運です。売上に悪影響を与える可能性のある何かに対処する価値はないと判断したとき、喜代郎は迷信になった。したがって、象形文字の代わりに "d"が "t"になり、8つのブラシストロークが必要でした。しかし、日本にとって、これはすでにラッキーな数字です!

ヨーロッパ人にとって、細部へのこだわりはばかげているように聞こえるかもしれませんが、私たちには異なる文化的背景があります。一般的に、トヨタの従業員がなぜ国歌を歌うのが好きで、一般に一生涯会社で働くのが好きなのかを理解するのは困難です。そして、トヨタ自動車会社が誕生しました。彼女はすぐに導かれました-政府は3000台のトラックを注文しました。その結果、同社はさらなる研究のための資金を受け取りました。結局のところ、日本人はコピーだけではそれほど遠くないし、遅かれ早かれオリジナルの製品をリリースしなければならないことを理解しました。

そして1938年に、最初のトヨタ工場が衣の街に開設されました。そして、その建設のための資金は非常に同じ大規模な命令によって政府によって与えられました。今日、挙母の街はもう存在していません。会社に敬意を表して、トヨタという名前が付けられています。第二次世界大戦中、帝国軍用の軍用トラックを生産しましたが、不足のため、たとえばヘッドライトが1つだけの設計になりました。日本の急速な敗北の要因の1つは、トヨタ工場が破壊されたときの愛知市の同盟国の爆撃であったと考えられています。

1947年に同社は回復し、商用旅客モデルSAの生産を開始しました。その後、長年にわたる会社の戦略が立てられました。これは、企業の買収と子会社の設立に基づいており、生産サイクル全体を通じて自動車用のコンポーネントを確実に生産できました。そのため、同社はスペアパーツの供給に関する問題から身を守りました。同時に、ジャストインタイムのデリバリーシステムの開発にも着手。

彼女のおかげで、自動車生産の開始に間に合うように部品が倉庫に到着しました。これにより、不要なコンポーネントが大量に堆積するのを防ぐことができました。しかし、本当に高品質の車が登場したのは1950年代初頭だけで、多かれ少なかれ自分の車の作成に完全に移行しました。そのとき、別の会社、トヨタ自動車販売株式会社が誕生しました。その目標は完成品の販売です。

1950年代と1960年代に、日本企業の工場は大幅な近代化を受けました。次に、「カイゼン」の原則が社内に導入されます。言葉自体は複合的であり、「変化」と「知恵」を意味する2つの部分が含まれています。カイゼンの原則は、漸進的な改善のために設計された一種の哲学と考えることができます。完璧を達成するには、ゆっくりとゆっくりではあるが、毎分、より良いものに変える必要があります。 1960年代初頭までに、継続的改善の原則はすでにトヨタの工場で適用されていました。

そして1951年に、別の経営革新が会社に現れました-アイデアを提案するためのシステム。会社のどの従業員も、会社で行われているプロセスを改善するための提案をすることができます。今日、そのようなことはどの大企業にとっても普通のことのようですが、半世紀前は目新しいものでした。その後、この成功したアプローチは西側の企業によってコピーされました。

そして、1957年に、日本の会社、トヨタ・モーター・セールスUSAの支店がアメリカ自体に開かれました。朝日の国からアメリカへの車の配送が始まりました。確かに、最初の実験は失敗しました。 「自動車のメッカ」では自己宣言が難しく、日本車の売れ行きが悪かった。そして、彼らはアメリカの条件をうまく満たしていませんでした。同社の最初の輸出バージョンであるトヨタクラウンは、米国の優れた自動車のイメージに適合しませんでした。同社はすぐに、新しいモデルの品質を向上させる6年間の改革プログラムを開始しました。

トヨタからの輸出の面で画期的なことは、1973年に世界の石油危機が始まったことです。国家経済、一部の企業は損失を被り、日本企業にとってこの状況は恩恵を受けました。経済的な車が流行し、トヨタはすぐにアメリカで宣伝しました。 1982年、ゼネラルモーターズと共に、日本人はアメリカで最初の工場を建設しました。そしてこの企業は日本の支店と同じくらい効率的に働くでしょう。そして80年代後半、アメリカで新しいレクサスブランドが誕生しました。

この高級車のブランドは、トヨタによって作成されました。そのおかげで、メルセデスやキャデラックなどのクラシックを市場に出すことができました。トヨタは現在、世界最大の自動車メーカーであり、改善を続けているカイゼン原則に引き続き取り組んでいます。同社は、76年ぶりに、ゼネラルモーターズからアメリカのリーダーを倒すことができました。しかし、トヨタは、特にロボット工学の世界で自分自身を宣言することを意図して、それ自体に新しい視野を開いています。

最近、元企業幹部は、ロボットの作成が今後10年間の同社の主な焦点になる可能性があると述べました。トヨタの主な開発はパートナーロボットです。これらは、東京工科大学や他の企業と密接に協力して作成されました。当初、人間が自動車の生産に役立つようなロボットを作成することが計画されていました。開発では、敏捷性、物理学、知性、柔軟性などの資質の存在が考慮されました。トヨタパートナーの1人が最近彼のプレゼンテーションで彼がバイオリンを演奏する方法を示しました。

このロボットは最も有名なコンセプトであり、その有用性には疑問があります。同社はまだ、生産で人間に取って代わることができるようなロボットを作成することに成功していません。日本の会社がロボット工学に焦点を合わせていることは、それを国の急激な出生率にもすることです。将来的には、日本では有能な人材が不足し、高齢者の世話をする人がなくなることが予想されます。そのため、パートナーロボットの開発は有望なビジネスです。

今日のトヨタの従業員数は32万人を超え、同社の売上高は2,000億ドルを超え、純利益は20億ドルを超えています。日本の巨人は世界最大の企業であるフォーチュングローバル500で8位にランクされています。このような成功は、創業者と日本の国民的特徴-勤勉、忍耐、学びたいという願望によって定められたビジネス原則にそのような成功をもたらしています。


ビデオを見る: あえての今期見通しに込めた豊田章男の気概香川編集長決算発表リモート取材 (かもしれません 2022).